3000円の福袋。

旦那が休職中のアラサーオタク女の日々

一人暮らしを始めた時、私は無職だった。


f:id:asapi3000:20160207135313j:image

一人暮らしを始めたのは22歳。それまでずっと実家住みでした。
 
一人暮らしを始めた時、私は無職。
バイトで貯めた初期費用と、2ヶ月分の家賃くらいしかお金がありませんでした。
(親が保証人になってくれたので、不動産屋の審査は通った)
 
早く働かなければ実家に強制送還という怖さ。

 

別に実家が嫌いなわけじゃなかったんですが、彼氏の家まで車で40分くらいの距離だったんですよね。
 
それに、黙ってお泊まりとかすると親から連絡がハンパなく来るのでそれが嫌で嫌で。
 
そんな感じで、彼氏の家の近所に一人暮らしすることにしました。
 

私が住んでいたのはこんな部屋

  • 1R
  • 家賃35000円
  • 駅から5分
  • 駅周辺には、スーパー、カラオケ、飲食店、服屋、本屋とかなり充実。
  • 5階エレベーター付
  • オール電化
 
いくつか見学に行ってみて、なかなかいい条件のこの物件に決めました。
 
引っ越し当日、お金もないし、特に大きな荷物もなかったので引っ越し業者とかには頼みませんでした。
 
服とか必要最低限のものを紙バックぎゅうぎゅうに詰め込んで一人で不動産屋に鍵をもらい、自分の家に到着。
 
布団も、TVも、洗濯機も、冷蔵庫もなにもない部屋だけど、これからの新生活を考えると楽しくて仕方なかったですね。
 
安い家電屋さんを見に行って、まずは、安い洗濯機を購入。
 
ベランダに置かなくちゃいけなかったので、壊れてもいいような安いのにしました。
 
ベッドは、ニトリの展示品で安くなっていたセミダブルのソファーベッドを購入。
収納がほぼなかったので、ベッドの下に収納があるものにしました。
 
一人暮らしサイズのTVと冷蔵庫、炊飯器も買いました。(今は4人家族だけど、現役で活躍中)
 
家具、家電は全部、白と黒で統一。床のキズ防止の目的で買ったクッションフロアも白黒のチェック。

f:id:asapi3000:20160207134742j:image
⬆こんな感じ。
 
スタイリッシュな感じにしたかったんですが、男くさい部屋になりました。
 
と、こんな感じでそろえたら一気にお金が飛んでいきました(笑)
 
当然ですが、食費もかかるし、光熱費もかかりますからね。
 
なんといっても、いつの間にか彼氏が住み着いていたし。
 
 
彼氏は光熱費払えていなくて、いろいろライフラインが止まった状態だったんですね。
 
それで、私の家に住み着きました。
今思えば、この頃から夫にはヒモの素質があったんだなぁ…
この話はまた今度書こうと思います。
 
住んでみてわかったデメリット
 
やはり、いくら素敵な物件でも住んでみないとわからない部分がたくさんありました。
 
アパートの壁がものすごく薄い。
 
隣人のくしゃみの音が普通に聞こえてくるレベルでした。なので、音にはすごく気を使いました。
 
 
隣人がゴキブリを飼っていた。
 
いつ倒れてもおかしくないくらいのご高齢のおじいちゃんなんですが、何ヶ月お風呂入ってないの?ってくらいの異臭でした。
そして、なぜか夏場に玄関のドアを開けっ放し。
鍵をかけてないとかじゃなく、フルオープン
多分、窓も開けているんだと思いますが、ベランダと玄関から隣人のゴキブリ達が、私の部屋に大量に遊びにやってきました。
退治しても、退治しても1日3匹はでましたね。
 
オール電化はメリットもデメリットも大きい。
 
メリットはガス代がなくて、電気代もめっちゃ安かった。
 
デメリットは、シャワーを1日3回浴びると、お湯がでなくなる。
急に冷水がでるので、冬場はキツかったです。
 
バストイレ別にすればよかった。
 
私の部屋のお風呂は湯船に入れなかったんです。座ることもできない狭さなので、湯船が恋しくなりました。
それに、私がお風呂入っている時に彼氏がトイレでうんこすると本当に地獄でした。
もうユニットバスは選びません。
 

仕事が決まった。そしてまさかの退職。

仕事は3ヵ所面接を受けて、その内のひとつから内定を貰えました。
 
ちょっとオシャレなカフェの社員。
仕事が決まるのが遅くて、給料が振り込まれるまでの生活がギリギリでした。
 
家賃は払えるけど、光熱費が払えない状態。
光熱費を払わないとどうなるのかは、彼氏の家を見て知っていたので、止まるのだけはなんとか避けなくては…
(水道が止まった時は、ペットボトルに溜めておいた水を使ってトイレを流したり)
 
そこで、パチンコで稼ぐことにしました。
考えが本当にクズクズですね。
 
勝てば光熱費。負ければ食費さえなくなる。
長年パチンコやっていますが、この時が一番手にあせ握る戦いでした。
 
結果、勝ってなんとかなりました。
 
お仕事はブラックで、毎日がキツかったです
 
(あまりにキツくてついに吐き気までするようになったよー。)
 
(ストレスで吐くって初めてなんだけどー。マジ最悪ー。)と思っていたら、それはストレスではなくつわりでした。
 
なんと、妊娠してました。
 
そして、退職。
そして、結婚。
そして、一人暮らし終了!ちゃんちゃん。
 
夫の職場の近くに引っ越したので、一人暮らし期間は1年くらいですね。
 

一人暮らしして良かった所

  • 何しようと自由
  • 働き始めた
自由を手に入れた
 
実家にいる時は、部屋が汚いってよく言われてて、はいはいはいはい、うるせーなぁ。と思っていたんですが、一人暮らしはいくら部屋が汚くても何も言われない。ほんと自由でした。
 
自立できた
 
一人暮らしして、お金がないという状況だから社員で働かなきゃと思えました。
実家にいたら、私の性格的にニートフリーターを続けていたと思います。いいきっかけになりました。
 
実家にいる時は、昼に起きて、朝に寝る。起きてる時はゴロゴロしながら携帯。というクズクズだったんですが、一人暮らしをして、仕事を始めてからは普通の生活リズムになりました。
 

一人暮らししたいけど、お金がないから…はただの言い訳。

私の友達もそうなんですが、会うたびに「親が嫌い。あんな家にいたくない。一人暮らししたいけどお金がないから…」と言ってきます。
 
一人暮らしに必要な最低限のお金ってバイト1年くらいやっていれば貯まります。
私は、車の免許、バイクの免許もバイトで貯めました。節約生活を送っていたわけでもありません。
 
本気で嫌なら、動けるはずです。
本当におすすめですよ、一人暮らし。